2019年 試合結果

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請


試合結果 2019年 | 【2019-03-22(Fri) 21:52:42】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

18年度卒団

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請


団員専用 卒団 | 【2019-03-21(Thu) 17:43:08】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

☆平成最後のU-12 新たなる場所で・・・☆

 長期にわたり不在としている中で、チームの皆様をはじめブロック内外の皆様には多大なご不便と過分なるご理解、ご協力を賜りましてこの場をお借りして深く感謝申し上げます。今後とも宜しくお願い申し上げます。

 6年生の皆さん!ご卒業おめでとうございます。保護者の皆様も6年間大変お疲れ様でした。今年もとうとうこの時期が訪れてしまいました。U-12との出会いは、早くは2年生の頃、その後は5年生になってからと幅があるもののその距離感は全然感じさせないものでした。思い起こしてみると、一人一人がとても個性的で、今までの先輩達とはまた一味違う魅力を持っていましたね。毎年その年のU-12は魅力を放ち、一生懸命は同じなのにカラーが全然違い、同じチームで活動しているのにまず似通る事のない事が当たり前のようで当たり前じゃないこの感じが実に新鮮です。

4年生の頃から快進撃を続けてきたこのカテゴリーは、サッカーフェスティバルU-11ではとうとうベスト16入りという快挙を成し遂げ、チームの一手を脈々と受け継いだカテゴリーでもありました。さくらんぼでは予選敗退を期し、選手一人一人が悔やみ、そして心に刻むものを得てその後の利府町長杯に臨みました。そこでは見事優勝の栄冠を掴み、フットサルウインターカップでも持ち前のチーム力、団結力で熱戦を繰り広げた末、堂々と優勝を勝ち取りました。3月に行われた東北フットサル施設連盟決勝トーナメントと親善フットサル大会においては辛くも敗退してしまいました。しかし、応援してくれているコーチや保護者の皆さんには、試合に掛けるその情熱と本気のプレーは十分に通じていたようです。

練習の時から持ち前の素直さと正直さがある意味壁となり、随分とその壁に阻まれてきました。素直すぎるが故に目の前の事にのみ執着し、正直すぎるが故プレーに幅を持たせられず苦労をしてきました。今考えると、サッカーへの本気度の熱量が一本気な彼らの視野を狭めていたのかもしれません。サッカーを好きが故に一直線になりすぎ、愚直なまでに打ち込んできたからこその結果だったのかもしれません。しかし、それは、決して過ちでも何でもありません。ごく普通の少年少女のごく当たり前の感性だと考えます。仲間たちと好きな事に熱中できる、苦しい事も一緒に乗り越えられる、この年代が一番大切にしなければいけない事をひたすらサッカーという競技の中でやっていたに過ぎないと思います。人として大事にしなければいけない『思いやり』を看過することなく、自分達の心の奥底に秘めていたからこそそうだったのかもしれません。逆に、その『正直さ』と『素直さ』が無かったら、おそらくこのカテゴリーは存在しなかったと思います。人としての強さを知る前に、人の心を知れたことはこの先の自分達の人生に大きく貢献すると思います。人の心というのは自分にとっての鏡です。相手の態度とは自分のとった態度であり、相手の言葉とは自分が言い放った言葉だからです。強さとは総称です。そればかりを求めると大切な何かを置き去りにします。

今年のU-12には、今までにない練習課題を課してきました。おそらく今までのU-12以上の負荷トレーニングだったと思います。しかし、長期不在の間もそれを自主的に逃げることなく取り組んだと聞きました。意識の高さだけではできません。取り組めた原動力は心の強さです。サッカー以降キャプテンはほとんど出番に恵まれていません。その中で、自分が中心となってU-12をトレーニングし、今ある限界値に達するまで取り組んだことと思います。その結果が親善フットサル大会での一場面。何試合目の出来事かは分かりませんが、決めたのは6年生女子2名だったということです。2点ビハインドを最後同点で終了させたそうです。残念ながらその試合を見に行くことは叶いませんでしたが、コーチと保護者の方々が教えてくれました。周りのサポートやアシスト、最後までゴールを諦めない女子にボールが集まり得点に結びつけたということでした。動画で拝見しましたが、今季U-12の集大成といっても過言ではない素晴らしい内容のシーンでした。さくらんぼで失いかけた大事なものを男子選手は見事女子選手に返しました。大事なものは常に後からついてきます。先行はしません。あなた達が『これだ』と信じて取り組んできた原石が今輝きだしたのです。磨きもせずに輝く原石は存在しません。あなた達一人一人が原石であり、一人一人が磨き合ったからこそみんなで輝けたのです。確かに大会結果は負けました。しかし、あなた達一人一人は僅か15分のゲーム中で集大成を迎えました。自分達が取り組んできたことに嘘偽りはなく後悔もなかったと思います。勝ちから学べることはたくさんあります。しかし、敗因から取り組むべき何かを見出すこともできます。勝負とは常に二極です。中心になる何かが潜んでいます。それをこれから見つけ出すのは自分自身です。

感動のカテゴリーは終焉を迎えました。でも、終わりというのは始まりを意味します。来年からは昨年以上に別々の道を歩む選手達です。お互いどこでどのように出会い、どう展開していくのかは計り知れません。しかし、次に出会った仲間たちが一回りも二回りも大きく成長している事は確かだと思います。仲間から好敵手へと立場が変わりあなた達の心がどう動くのか、どう捉えるのか、そしてどのように成長していくのかすごく楽しみです。

4月からはいよいよ中学生です。あなた達が取り組み、チーム方針の柱となっているスポーツ少年団の理念は下記の通りです。
■一人でも多くの青少年にスポーツの歓びを提供する
■スポーツを通して青少年のこころとからだを育てる
■スポーツで人々をつなぎ、地域づくりに貢献する
3項の前述までは十分にやり遂げています。しかし、3項の後述『地域づくりに貢献する』はあなた達がこれからスタートと同時に取り組まなければいけない部分でもあります。地域に育てられ、地域に恩恵を受けたきたことに対して少しずつ関わっていかなければいけません。小さなことからで構いません。あなた達らしい取り組み方があるはずです。地域の活性化とは、新興住宅地の開発などの目新しいものばかりとは限りません。あなた達自身が原動力だからです。サッカーという競技に出会い、そして学び、すぐそばにある地域に育まれてきたあなた達だからこそ取り組めるべきものがあります。新たなる場所で、あなた達らしい心の使い方を見つけて下さい。

心の豊かさは、自分達にとって真に大切なものを引き込み学ばせてくれます。
中学校でのみんなの活躍を心から祈念しています。ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

 最後になりますが、6年生保護者の皆さん卒団ならびにご卒業おめでとうございます。今まで陰ながらチームを支えて頂き指導部を代表いたしまして心から感謝申し上げます。娘共々大変お世話になり、本当に素晴らしい方々に支えられてきました。卒団されていった歴代の保護者の皆様から現在の保護者の皆様に至るまで温かく見守って頂いた事には深く感謝しております。我が家もとうとう最後の卒団員ということで多少私情が絡んでしまいますが、ここまで成長させて頂いた事に感謝の言葉しかありません。お父さんお母さん達のすごい!というところは、人の子を我が子のように褒めてくれるというところにその威力があります。その『褒める』という行為の威力が選手達にとっての『和』となり『力』となります。たとえ我が子を叱っても誰かが褒めてくれる、そのバランスが選手達曰く、子供たちの安定した心を育み思いやる『心』を育てているのだと感じます。子育ては親だけで成り立つものではありません。同じ環境を生きる保護者の方々、そこに住まう地域の協力、これらが融合しあって初めて子育ては完成するものだと考えます。そして、自分達のために一生懸命頑張ってくれているおじいちゃんおばあちゃんの存在が子供たちに安らぎを与えてくれているのだと考えます。人は決して一人で生きていくために生を受けているのではないと考えます。『支え』ということが、人が人として生きることの第一義だと考えます。これからもまだまだ新たなる場所で味わう喜びや、局面を目の当たりにする機会もあると思います。しかし、自分を信じてくれているのは親以外他にありません。子供たちの苦労や苦しみは親としてとても辛いものですが、それを乗り切った時の子供たちの姿はとても素晴らしい姿だと想像します。
 選手達も4月からいよいよ中学生!私たち親も新たなる場所で頑張っていきましょう!!
 本当にありがとうございました。

☆平成最後のU-12は本当に良くやってくれました。先輩たちの礎を大切にし、後輩たちには逞しい背中を残し、団結力の何たるかを指し示してくれました。4月からはいよいよ新U-12でスタートします!先輩の残してくれたものを大事に受け取って、また一つ積み重ねていきたいと思います!卒団するみんなと新U-12に引き続き熱い声援をよろしくお願い致します!!☆


2018年度 U12 | 【2019-03-19(Tue) 23:16:26】 | Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

団員募集

FC古川南は宮城県大崎市の古川第五小学校を拠点として活動しています
  
古川第五小学校の団員中心に学区内外の団員1年生から6年生まで男女共に切磋琢磨しながら活動しています。

【練習場所・練習日】
練習場所:古川第五小学校 グランド/体育館
練習日:毎週木曜日、土曜日、日曜日
不定期練習(月曜日・火曜日)

◆木曜日19:00~21:00 五小体育館
◆土曜日15:00~18:00 五小グランド(荒天時体育館)
◆日曜日09:00~12:00 五小グランド(荒天時体育館)
※月曜日17:00~19:00 五小グランド (荒天時中止)
※火曜日17:00~19:00 五小グランド (荒天時体育館)

【団員募集】
団費:年間2万円(半期1万円)・兄弟の場合2人目以降は半額
サッカー協会登録費・スポーツ保険・大会参加費・備品(石灰等)等に使用されます。

男女・学区・経験は問いません。
全学年随時募集中です。
練習見学・体験も大歓迎なのでお問い合わせ、又は直接練習日にお越し下さい。

直接お越しの際はこちらのリンク先 古川南HPのスケジュールを確認してから練習日にお越しください。

※親の会がないのも、このチームの魅力です。

※試合会場までの送迎が出来ない場合は相乗りで行きますので心配いりません。

※他学区・女子団員も増えて来てますので気軽にお越し下さい。


◇ヨークベニマル古川南店・ゼビオスポーツ古川店でポスター掲示中です。

【お問い合わせ先】
※不明な点は右下のお問い合わせ・対戦申し込みからよろしくお願いします。
※直接のお問合せ先等はこちらのリンク先 古川南HPに記載されている連絡先からお願いします。


団員募集案内 | 【2019-03-16(Sat) 18:43:38】 | Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]

2018年 大会成績&集合写真 

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請


試合結果 2018年 | 【2019-03-16(Sat) 18:31:49】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

Copyright © FC古川南 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*